補聴器は大阪市福島区・福島駅前 キンキメガネへ

‘福島区’ タグ

補聴器は、難聴の方が音声を聞き取りを補うために使用するもので、音声を増幅する 医療機器です。

形や増幅方式に色々種類があり、それぞれに長所・短所があります。

e8a39ce881b4e599a8e4bd93e9a893e382b3e383bce382b9e38390e3838ae383bc

select-titlehochokitoha31

「信頼できる相談員を見つけること」
補聴器は買えばすぐ使える物ではありません。難聴やきこえは一人ひとり異なり、
それぞれに合わせて適切に調整しなければ役に立ちません。
ご友人やご家族が使って良い機種があなたに合うとも限りません。
聴力の変化や慣れに従い調整を変えていく必要が出てくる事も多いので、
相談員とは長い付き合いになります。
信頼できる相談員を見つける事、これが今後補聴器を使っていく上で
最も重要かもしれません。キンキメガネではスタッフ一同、
皆様に信頼頂ける相談員であることを心がけています。
select-title2tsuyouso
補聴器の形、デジタル補聴器とアナログ補聴器

補聴器の形

補聴器の形には大きく分けて、耳穴形・耳掛形・超小型耳掛型・箱型があります。
以下にそれぞれの特徴(長所・短所)をご説明いたします。

耳穴形 | 耳掛型 | 超小型耳掛型 | 箱型

耳穴形

耳の穴の形に合わせてお作りするオーダーメイドの物と既製の物があります。

耳穴形 長 所
・小型で軽い。
・装用感が良い。
短 所
・出力を上げるとハウリング(ピーピー音)が起こりやすい。
・既製の物はオーダーメイドの物よりも落としやすく、ハウリングが起こりやすい。
・オーダーメイドの物は高価。
ページ先頭へ

耳掛形
耳掛

本体を耳に掛けて音の出口を耳穴に差し込んで使用する補聴器です。

耳掛形 長 所
・イヤモールド(耳穴の形に合わせた耳栓)使用の場合は、耳穴形よりもハウリング
(ピーピー音)が起こりにくい。
・安価。
短 所
・汗による故障が多い。
・耳の上に乗る形なので邪魔になることがある。
・イヤモールド不使用の場合は落としやすい。
ページ先頭へ

超小型耳掛形

最も新しい形です。使い方は耳掛形と同じですが、極めて小さく、軽い補聴器です。

耳掛形 長 所
・耳穴を塞がず、自分の声が響かない「オープンフィット」可能。
・軽くて小さいため装用が楽。
・耳の後ろに隠れてしまい、チューブも細く耳穴に入る部分も小さいので、
つけていてもほとんど見えない。
・カラフルでデザイン性に優れた物が多い。
短 所
・汗による故障が多い。
・電池が小さく、持ち時間が短い。
・イヤモールド不使用の場合は落としやすい。
ページ先頭へ

箱形

ポケットラジオのような形で、イヤホンを耳に入れて使用する補聴器です。

箱形 長 所
・ハウリング(ピーピー音)が最も起こりにくい。
・電池の使用可能時間が長い。
・操作しやすい。
・安価。
短 所
・大きい。
・コードが邪魔になることがあり、携帯に不便。
・本体やコードが服にすれる音が入ることがある。
ページ先頭へ

select-osusumeearmold1

おすすめします 「イヤモールド」

耳掛形補聴器や箱形補聴器などを使用する際、耳穴と耳栓にすき間があると、
音がもれてハウリング(ピーピー音)の原因になります。

耳の穴の形に合わせて作る「イヤモールド」なら耳にぴったりフィットして
音漏れを防ぎます。

デジタル補聴器とアナログ補聴器

増幅方式の違いによって、耳に入る音が変わってきます。
以下にそれぞれの特徴と違いをご説明いたします。

デジタル補聴器

デジタル補聴器の仕組み
内蔵の小型コンピューターにより、音質を調整しながら増幅します。
一般的に、高価なものほど調整機能や快適機能が充実しています。

長 所 ・音質調整の柔軟性が高い(聞きやすい音に合わせ易い)
短 所 ・高価

アナログ補聴器

アナログ補聴器の仕組み
歴史のあるシンプルなアンプにより、音を増幅します。

長 所 ・安価
短 所 ・音質調整の柔軟性が低い

最近主流となっているデジタル補聴器の中には、騒音を抑えて色々な環境の中での会話の
聞こえを改善する機能や、ハウリング(ピーピー音を起こしにくくする機能を搭載した機種も
ございます。どの機種が良いか、実際に聞いてみてご判断下さい。

最も使いやすい、使いたいと思う物をお選び頂けば良いと思います。
お客様の生活環境の中ではどの形が使いやすいか、一緒に考えましょう。

多数のご来店、ありがとうございました。soudannsp

両日とも忙しく過ごさせて頂きました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。